労務管理システム比較ガイド » おすすめの勤怠管理システム料金比較 » Zohoピープル

公開日: |最終更新日時:

Zohoピープル

ここではZOHOが手掛ける労務管理システム「Zohoピープル」の特徴や口コミ評判、費用などについてまとめています。

労務管理システム比較

Zohoピープルの口コミ・レビュー

社内でのコミュニケーションがスムーズになった

以前までは表計算ソフトで管理していましたが、全体に公開されていないため情報が従業員にうまく伝達できていませんでした。導入後は個々人がきちんと休日などについて申請・承認されている状態が実感できるようになりました。もともとの開発が英語ベースのシステムですから、今後のグローバル化にも心強いと感じています。

参照元:Zohoピープル公式HP(https://www.zoho.com/jp/people/customers/infostellar.html)

あらゆる情報をワンストップで管理

従業員に関連した情報をすべて一元管理できてしまいます。カスタマイズ性が高いため、情報を独自に追加・管理できるのが魅力。申請フロー・貸し出し機器管理・社内教育といった情報もチェックでき、人事・管理部門だけが使用する管理ツールにとどまらない点が優れています。

参照元:itreview HP(https://www.itreview.jp/products/zoho-people/reviews#tutorial)

小規模事業には十分便利です

小規模で行われている事業で、管理人数が少ないようであれば、アプリ版も利用出来る上コストも節約できるため、十分利用出来る勤怠管理システムです。残業上限などの設定・ワークフローも設定できる点が、管理者の負担を軽減させてくれます。

参照元:itreview HP(https://www.itreview.jp/products/zoho-people/reviews#tutorial)

Zohoピープルの特徴

採用から入社手続き、人事評価といった多岐にわたる人事プロセスを管理するシステムとして開発されたZohoピープル。柔軟な連携対応が可能な他、スマートフォン向けアプリでも利用できる点が強みです。

従業員をデータベースで管理

所属する従業員のデータを、完全に同期してデータベース上に一元管理してしまえます。office365のユーザーを同期することもできるため、別のシステムを利用していたという企業にも導入しやすいでしょう。

部門や役職などで従業員をグループに分類できる他、業務・承認機能も可能。能力や目標を設定する使い方もあります。

タイムマネジメント機能

要望に合わせて、日ごと・週ごとの時間を記録することもできます。プロジェクトの進捗管理に利用したり、タイムシートを作成して資料にまとめたりなど…企業によって様々な活用方法が期待できます。

プロジェクトにジョブを定義して割り当てることで、各ジョブの作業時間を記録することも可能。進捗状況を把握するほか、スケジュールを効率的に作成するのに役立ちます。

タスクのカスタマイズ

直感的なユーザーインターフェースにより、ワークフローを簡単に自動化して人事プロセスを自動化できます。メール通知やタスク・承認・スケジューラなど…生産性を向上させるマネジメント機能が豊富。

タスクを従業員に割り当ててリスト化したり、テンプレートの使用で作業負荷を減らしたりなどの機能が揃っています。

主要機能

  • 従業員データの一元管理
  • 出退勤や休暇取得などの時間管理
  • タスクのリスト化
  • 従業員のパフォーマンス管理
  • 人事関連の問い合わせ管理

料金プラン

基本的な機能の揃った「ESSENTIAL HR」で月額100円/1ユーザー。より機能の揃った「プロフェッショナル」で月額200円/1ユーザーとなります。

販売元

  • ZOHO