労務管理システム比較ガイド » おすすめの勤怠管理システム料金比較 » Touch on Time

公開日: |最終更新日時:

Touch on Time

労務管理システムのTouch on Timeについて、システムの特徴や主な機能、料金プランや販売元会社の情報などをまとめて紹介します。

Touch on Timeの特徴

特徴①:入力された勤怠情報を自動で集計

Touch on Timeは、これまで労務担当者の手を煩わせてきた勤怠管理に関して、従業員の出勤退勤の打刻情報に基づいて勤務日数や勤務時間を自動で集計してくれるシステムです。

集計された勤怠データは、CSVファイルとしてエクスポートできるため、勤怠データと関連性の高い給与計算ソフトなど他のシステムとも簡単にデータを連携できます。

従来は手作業で行っていた勤怠管理業務を自動化することで、大幅な業務効率化が期待できます。

特徴②:複数拠点にまたがる勤怠情報もリアルタイムで集計

国内に複数の事業拠点を持つ企業の場合でも、Touch on Timeであれば拠点ごとに始業時間や休憩時間などの就業ルールを個別に設定できます。

また、各拠点における従業員の就業状況や勤怠データは、管理画面上でリアルタイムにモニタリングや集計することができます。

そのため、月中であっても全社規模で人件費を概算し、月末まで残り営業日の人員配置を調整することなども可能です。

特徴③:直感的に使いこなせる高い操作性

Touch on Timeは、その分かりやすい操作画面も魅力の一つです。各アイコンなど操作の動線が直感的に理解しやすいように配置されてあるため、システム操作に馴染みのないユーザーでも簡単に使用できます。

利用シーンに合わせてスマートフォンはもちろんのこと、社員証など普段から使用しているICカードや指紋認証にも対応しているため、導入後に社内でシステム利用を定着させやすい点が特徴です。

主要機能

主要機能①:スケジュール・シフト管理

Touch on Timeは出勤退勤の打刻や休暇申請のワークフローなどの基本機能はもちろんのこと、従業員のスケジュール・シフト管理機能も備えています。

従業員ごとの勤務予定をカレンダーに登録することで、フレックス制や3交代制などの勤務でも勤怠データの集計が可能になります。

各従業員のスケジュールを反映したシフト表はExcelファイルでエクスポート、印刷することもできるため、普段のシフト管理業務を大幅に自動化できます。

主要機能②:通知・アラート機能

Touch on Timeには、勤怠管理に関する様々な通知機能やアラート機能が搭載されているため、アナログ管理では困難なきめ細かい管理が可能です。

通知・アラート項目としては、出勤日数や残業時間はもちろん、遅刻回数や休日出勤日数、勤務中のインターバル不足回数など、幅広い項目が用意されています。

時間外労働時間など任意のアラート条件を満たす従業員が出た場合、従業員本人と勤怠管理担当者にアラートメールを自動送信できます。これによって、労働時間が法律上の上限を超えてしまうことを未然に防ぐことができます。

主要機能③:働き方改革関連法への対応

Touch on Timeは、蓄積された客観的な勤怠データに基づいて、従業員ごとの勤怠状況をリアルタイムで把握できるため、働き方改革関連法へ柔軟に対応できます。

例えば、時間外労働時間を把握して、働き方改革関連法で規定された上限自制に則ってシフトを作成できることに加えて、会社独自のアラート時間を設定して対象者に自動メールを送信することもできます。

年次有給休暇5日以上取得義務や、月60時間超割増賃金率引き上げなど、あらゆる働き方改革関連法にも勤怠データに基づいて対応することで、自社のコンプライアンスを強化できます。

料金プラン

  • 初期設定費用:0円
  • 月額費用:300円/人
  • サポート料金:0円
  • 販売元

  • 会社名:株式会社デジジャパン
  • 所在地:〒135-0091 東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場ビル 22階