労務管理システム比較ガイド社会保険・労働保険手続きシステム比較SmartHR

SmartHR

ここでは、株式会社SmartHRが手掛ける同名システムの機能や特徴、実績、費用目安などについて、紹介します。

労務管理システム比較

システム名 e-Gov対応 データの
自動入力
帳票種類 利用月額
(50人相当)
オフィスステーション
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 90種類以上 5,000円
SmartHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 約10種類 19,800円
社労夢 Company Edition Lite
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 約70種類 要問合せ
jinjer労務
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 不明 10,000円
ワーククラウド
公式サイトを見る
バツのアイコン マルのアイコン 不明 50,000円

SmartHRの特徴

株式会社SmartHRは、2013年設立。当初は株式会社KUFUという社名でしたが、2017年になってから同社の製品名と社名を統一化したとのこと。同社は、社会保険・労働保険手続きにかかわるアナログな領域を、テクノロジーと創意工夫で、よりシンプルかつ便利に使えるものにして、人事担当者がより付加価値の高い業務に取り組めるような社会を目指すとしています。

非常に「若い」会社であり、また目玉商品であるクラウド労務ソフトSmartHRのリリースも2015年と、僅かな年月しか経過していませんが、社会・労働保険手続きシステムの中では、知名度、実績ともにトップレベル。新聞・雑誌や、ネットメディアにも取り上げられています。

開発者の経験をもとにユーザー目線で開発

創業者の一人、宮田 昇始氏は、27歳の時に10万に一人という大病を経験し、当初は完治する見込みは20%と宣告されたものの、懸命のリハビリを行い完治することができたのだそうです。

その時、社会保険の傷病手当金を受給できたことが、経済的に大きな助けとなったものの、一方で、その手続きの煩雑さ、面倒さに辟易させられた経験が、SmartHRの開発に向かわせた大きなきっかけになっています。

ご自身がもともとITに疎かったという経験を鑑み、分かりやすく使いやすく、その上で洗練されたデザイン・インターフェースにとことんこだわり抜いて作られている点も特徴です。

労務手続き業務にかかる手間とコストを軽減

SmartHRには、入退社にかかる各種手続きの自動化をはじめ、関連業務をサポートする機能を搭載しています。必要書類は、フォームに入力することで作成。ハローワークや年金事務所への申請も、Webで完結できます。

手続きにかかる一連の流れは分かりやすくToDoリスト化されているので、知識経験のない担当者も、迷うことなく業務を進めることが可能。なお、これまでExcelで管理されてきた人事情報は、SmartHRで一元管理できるようになります。

また、CSVデータを取り込むことで、SmartHRから給与明細を配布することも可能。マイナンバーの収集・管理にも対応しており、従業員からの情報入力により、一括収集・保管ができるようになっています。

導入事例

すべて出典元:SmartHR公式(https://smarthr.jp/case)

手続き業務の電子化により手間とミスを大幅に軽減

  • 業種:金融ベンチャー
  • 従業員数:120名ていど(調査時点)

効率化と紙を減らすために導入。SmartHRの導入により、手続きを電子化したことで、拠点とのやり取りもタイムラグがなく、スムーズに行えるうえ、手続きにかかる入力ミスもなくなった。必要情報の収集に関しては、PCやスマホを通して、従業員本人に入力してもらえるので便利。今後はマイナンバーの取集にも、SmartHRを利用したいと考えている。

バックオフィス部門の内製化に成功

  • 業種:ITサービス
  • 従業員数:120名ていど(調査時点)

アウトソーシングによるコミュニケーションの手間やスピードダウンが課題となっていた。また、会社の成長にともない、少ない人員で労務を行うことが難しくなったので、バックオフィス部門の体制変更と内製化を推進。内製化にあたって、労務業務の効率化を行うために、SmartHRを導入した。

これまで、社労士と書類のやり取りや、コミュニケーションを行うにあたって、大きな時間と手間を割いていたが、内製化ができたことで、そのコストがゼロに。また、SmartHRを利用することで、書類の作成ミスや修正などがなくなった。また、これまで、人事情報がExcelや紙など、様々な方法で保存されていたが、SmartHRを導入することで、散らばっていた情報を集約・整理を実現。人事情報の確認をするために、従業員に毎回尋ねるようなコミュニケーションの手間がなくなった。

担当者必見!失敗しない労務手続きシステムの選び方とおすすめガイド

主要機能

  • 書類の自動作成
  • 役所へのweb申請
  • 人事情報の一元管理
  • マイナンバー対応
  • 書類の印刷代行
  • スマートフォン対応
  • ToRoリスト

料金プラン

気になる料金に関しては、15日間の無料トライアルが用意されているのがひとつ。その上で、以下の通り、従業員数に応じてプランが用意されています。

  • 5名まで:980円/月(税抜)
  • 15名まで:3,980円/月(税抜)
  • 30名まで:9,800円/月(税抜)
  • 50名まで:19,800円/月(税抜)
  • 51名以上:要問い合わせ(以前は月額500円/人という目安だったようです)

さらに、「5名まで0円」というプランも用意されていますが、これはメールなどでのサポートは利用できず、また手続きの電子申請も利用できないという点に注意が必要となります。

販売元

  • 株式会社SmartHR