労務管理システム比較ガイド社会保険・労働保険手続きシステム比較楽楽労務

楽楽労務

楽楽労務は株式会社クラスが開発している労務管理システムです。人事・労務管理システムをスムーズかつ効率よくできるように開発されたソフト。特に社会保険手続きを楽にできることで注目されています。楽楽労務の特徴や基本情報を見てみましょう。

労務管理システム比較

システム名 e-Gov対応 データの
自動入力
帳票種類 利用月額
(50人相当)
オフィスステーション
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 90種類以上 5,000円
SmartHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 約10種類 19,800円
社労夢 Company Edition Lite
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 約70種類 要問合せ
jinjer労務
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 不明 10,000円
ワーククラウド
公式サイトを見る
バツのアイコン マルのアイコン 不明 50,000円

楽楽労務の特徴

楽楽労務は社会保険手続き・福利厚生などの事務作業をはじめ、人材・労務管理を効率化できるクラウド型ソフトです。楽楽シリーズは「楽楽精算」「楽楽明細」「楽楽販売」など、多方面に渡って管理ソフトを展開しています。楽楽労務の労務管理システムの特徴を3つにわかりやすくまとめました。

届出書を自動作成できる

楽楽労務では社会保険手続きに必要な書類や、社内の届出申請書を自動で作成できるシステムを搭載しています。会社の規模が大きくなればなるほど増えていく負担も、楽楽労務を導入すればプラットホーム1つで簡単管理。従業員がweb上で入力した情報をベースに各種届出を自動作成できます。

総務・人事にバックオフィス業務担当者を配置しなくても、ソフト1本で社内の労務管理がスムーズできるのです。異動したての人材や新入社員など、労務管理経験が少ない従業員でも直感的に動作できます。手続きごとに必要な届出書が一覧表示されるため、使いやすく労務管理しやすいソフトだと感じました。

他のシステムも並行して利用できる

楽楽労務ではこれまで使用していたシステムと並行できるように、楽楽労務に取り込みができます。楽楽労務でCSVファイルから必要な情報を既存のシステムへ入れられるため、別のシステムを使いながら楽楽労務を利用できます。すべてのシステムを変えなくても、現状のフォローを維持しつつ連携できるのが魅力でしょう。

「給与システムは今使っているものをそのまま利用したい」「勤怠システムと給与システムを変えたくないけれど、他の労務管理システムは楽楽労務を利用したい」など、柔軟に対応できるのが強みです。

常に進化し続けるクラウド型労務管理システム

楽楽労務は10年以上にわたって、数多くのクラウドシステムを提供してきた、株式会社ラスクが提供している労務管理システムです。より使いやすさを追求して機能を向上させることに力を入れています。

ソフトのアップデートは年に数回。一方的なシステムを提供するのではなく、実際に利用している人の声や要望を聞きながら機能を向上。導入企業の満足度が高いのも納得できます。ネット環境さえあれば簡単に導入できる利便性や、専任スタッフのサポート体制の充実さも魅力の1つでしょう。

担当者必見!失敗しない労務手続きシステムの選び方とおすすめガイド

楽楽労務の主要機能

  • 従業員リスト
  • 従業員への情報入力申請
  • 扶養家族の管理
  • マイナンバー管理
  • 従業員情報CSVダウンロード
  • 従業員情報CSVアップロード
  • 入社の手続き
  • 退職の手続き
  • 氏名変更
  • 住所変更
  • 転勤手続き
  • 扶養の追加や削除
  • 育児休業給付金申請
  • 高年齢雇用継続給付申請
  • チェックリスト
  • 手続きの進歩管理
  • 電子申請
  • ユーザー権限
  • 法人情報の登録
  • 適用事業所の登録
  • カスタム項目

楽楽労務の料金プラン

  • 月額利用料金:30,000円〜

楽楽労務管理の料金はシンプルで、月額利用料と初期費用の2種類が発生します。月額料金はシステムを利用する従業員数に応じて変動するため、導入時は1度見積もりをしてもらいましょう。

月額料金シミュレーションとして従業員が300人の場合、1人あたりの月額単価は267円となり、年間約106万円のランニングコストがかかるそうです。

楽楽労務の販売元

  • 株式会社クラス