労務管理システム比較ガイド社会保険・労働保険手続きシステム比較HuRAid勤怠分析

HuRAid勤怠分析

労務管理システム比較

システム名 e-Gov対応 データの
自動入力
帳票種類 利用月額
(50人相当)
オフィスステーション
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 90種類以上 5,000円
SmartHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 約10種類 19,800円
社労夢 Company Edition Lite
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 約70種類 要問合せ
jinjer労務
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 不明 10,000円
ワーククラウド
公式サイトを見る
バツのアイコン マルのアイコン 不明 50,000円

HuRAid勤怠分析の特徴

勤怠情報・ストレスチェック・性格診断テストなどを分析し、潜在化している就労状況を見つけ出すクラウド型の労務管理システム・HuRAid勤怠分析。健康経営、コーポレートガバナンスの強化に特化している点が特徴です。おもな機能としては、退職・休職リスク予測、勤怠分析、ストレスチェック、36協定超過回数管理、従業員台帳、CSV入力、メール通知、遅刻・早退・勤務日数ランキングなどがあり、多角的に健全な労務環境をサポートしてくれるサービスとして定評があります。

負荷のかかっている部署を可視化

HuRAid勤怠分析では、勤怠情報をアップロードすることで部門ごとや社員ごとに、いま現在、どのような労働状態にあるのか、勤怠状況を確認することが可能です。どの部門のどの従業員に、どれくらいの負荷がかかっているかを可視化することができるため、効率よく、ピンポイントで労働環境を改善することができます。36協定を超過する残業時間も簡単にひと目で把握することができるので、連続して超過した人を抽出し、是正することも容易となります。

各人の労務状況を的確に分析

従業員の労務状況を分析して生かすことができるのが、HuRAid勤怠分析の大きな特徴のひとつ。たとえば、退職・休職リスク予測機能では、出退勤時間や残業時間、有給休暇の取得状況などのデータから、細分化された数千~数万の影響因子を独自のAIエンジンが分析。従業員1人ひとりの4か月後の退職確率を、高精度ではじき出します。また、ストレスチェックの分析結果の表示、産業医による面接指導の管理、集団分析までHuRAid勤怠分析ひとつで対応することが可能です。

充実のサービスが料金内にコミコミ

基本料金内にさまざまな充実したサービスがそろっているのも、HuRAid勤怠分析ならでは。2015年12月から義務化されたストレスチェックも、HuRAid勤怠分析から依頼、回答できるので新たにシステムを導入する必要がありません。遅刻や早退、連続勤務日数などの指標で、ランキングを表示できる便利機能も利用可能。時間オーバーの過剰労働や特定従業員の問題行動なども、一目瞭然です。ランキングなどで可視化することで、目には見えにくい問題の発見や予防・改善も期待できます。

担当者必見!失敗しない労務手続きシステムの選び方とおすすめガイド

主要機能

  • 勤怠分析
  • 退職・休職リスク予測
  • ストレスチェック
  • 36協定超過回数管理
  • 従業員台帳
  • メール通知
  • ランキング
  • CSV出力
  • 勤務時間超過アラート
  • 性格診断テスト

料金プラン

HuRAid勤怠分析の料金プランはケースによって異なるため、ホームページ上などでは公開されていません。一例として、初期費用が200,000円、月額利用料金が従業員1人あたり500円、最低利用人数が100名、最低利用期間が1年というケースもありますが、詳細は運営会社であるフレイド株式会社へ問い合わせてみてください。

販売元

  • HuRAid株式会社(フレイド株式会社)