HOME人事必見!賢い労務管理のコツと方法

人事必見!賢い労務管理のコツと方法

無料の勤怠管理システムは機能が少ない、制限されているなど、不便な面が多々あります。

職場で使うなら高機能で効率的な有料ソフトをおすすめします。

>>フリーソフトの勤怠管理システムを使うデメリット

 

マイナンバーの管理については、マイナンバー法でルールが定められています。トラブルを防ぐために、マイナンバーの管理システムを利用しましょう。

>>企業担当者必見!マイナンバーの原則とおすすめの管理方法 


マイナンバーをパソコンで管理する際、管理システムを利用すると安心安全です。社内で管理をすると、さまざまなリスクを伴ってしまいます。

>>自社管理は危険?パソコンでマイナンバーを管理する安全な方法!

過重労働を防ぐ勤怠・労務管理の5つのポイント!人気のシステムも紹介

人力での勤怠管理などは完全に管理するのは難しいので、勤怠・労務管理にシステムの導入がおすすめです。しかし、勤怠・労務管理システムは数が多く、選ぶのも大変です。
そこで、過重労働を防ぐシステムに必要な5つのポイントと人気の勤怠システムをご紹介いたします。

1. 正確な勤怠管理ができる

過重労働を予防するためには、従業員の労働時間を正確に把握しなければなりません。正確な出勤時間と退勤時間が記録できるシステムが必要です。代表的なシステムに、タイムカードの導入があります。しかし、タイムカードを導入するだけでは、問題解決とは言いづらいでしょう。

2. 不正を防止する機能がついている

一般的な出退勤管理のタイムカードは、簡単に出勤時間や退勤時間をごまかすことができます。そのため、過重労働に気づかずに問題発覚するまでにタイムロスが生じることもありえます。不正をすることができないような防止システムなどがついたものがベストです。

3. 従業員に負担なく手軽に導入・利用できる

勤怠管理の手続きが複雑だと、従業員が面倒に感じてしまい正確な勤怠管理ができなくなってしまう可能性もあります。そこで、勤怠管理も労務管理も従業員が負担に感じずに使えて、わかりやすいシステムを選ぶのが重要です。

4. リアルタイムで細かい集計と分析ができる

タイムカードによる勤怠管理は、月末に1ヶ月分の記録を集計しないと、労働時間や残業時間がどれくらいオーバーしているか、明確になりません。理想をいえば、会社側がリアルタイムで勤怠管理データの集計と分析を行い、働きすぎの社員に定時での退勤や有給の取得を早めに勧めることができるシステムがよいでしょう。

5. クラウドシステムの勤怠管理でリアルタイム管理が可能

ここまでに紹介した、勤怠・労務管理に必要なすべてのポイントを満たすのが、クラウドシステムです。スマホやパソコンで手軽に出退勤の記録をすることができ、本人認証機能つきで、操作画面も直感的。もちろん、リアルタイムでのデータ集計と分析も可能となっています。

大規模なシステムのように、導入に莫大なコストがかかったり、勤怠・労務管理用の専門機器を購入して使い方を覚えたり、導入までに時間がかかったりすることもありません。

それでは、当サイトでも紹介している、人気の勤怠・労務管理クラウドシステムを見ていきましょう。

 

高機能かつ低価格でバランスがよい「ジョブカン勤怠管理」

ジョブカン勤怠管理は、50人規模なら月額1万円から導入可能な、コストパフォーマンスのよい勤怠管理システムです。従業員の出勤管理、シフトの管理、休暇と申請管理、工数管理という4つの機能から、欲しい機能を選んで利用することができます。スマホ、パソコン、タブレットで利用もでき、勤怠管理はICカードや静脈による本人認証も可能です。

手軽さならナンバーワン「スマレジ・タイムカード」

スマレジ・タイムカードは、1店舗あたり4,000円で、手持ちのスマートフォンやタブレットをPOSレジとして利用できる勤怠管理システムとなっています。どちらかというと、事務所というよりもカフェや美容院などに向いている、低コストでシンプルな勤怠管理システムです。

過重労働を防いで仕事効率化アップ

過重労働は、従業員の健康リスクを高め、仕事の能率を下げて退職者も増やすトラブルの種です。過重労働を防ぐためには、正確な出退勤の管理と、最初から不正ができないようにするシステムが必要になります。クラウド型の管理システムなら、それが可能になるので、会社の規模や業種に合わせて最適なサービスを導入できるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。