労務管理システム比較ガイドマイナンバー管理システム比較マイナクラウド

マイナクラウド

ここでは、株式会社ビットスクリプトが手掛ける、マイナクラウドの機能や特徴、費用目安などについて紹介します。

マイナンバーシステム比較

システム名 一括収集 削除証明書発行 外部システム連携 利用月額
(50人相当)
マイナンバー
ステーション

公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン API・CSV
連携
3,000円
マイナンバー管理Crew
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 3,360円
huubHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 不明 4,500円
MFクラウド
マイナンバー

公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 4,900円
マイナンバー管理freee
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 10,080円

マイナクラウドの特徴

マイナクラウドとは、マイナンバーの収集や管理ができるクラウドサービスです。面倒なマイナンバー収集や管理をスマートフォンなどから簡単にできるほか、安全性の高いサーバーで情報を補完するためセキュリティ面にも強みを持っています。

運営しているのは、(株)ビットスクリプト。マイナンバー事業、サーバー関連事業、セキュリティ関連事業を手がける会社で、一般企業から人材派遣会社、農業・水産業者、非営利団体まで、幅広い分野の業種へのマイナクラウド導入実績があります。

高いセキュリティ性

まず、マイナクラウドの特徴としてあげられるのが、セキュリティの高さ。コアな個人情報であるマイナンバーを社内で管理することは、万一、情報漏洩があった場合、取り返しのつかないリスクとなります。

その点、マイナクラウドの情報保管場所は強固なディフェンス力のある国内のクラウド内(データセンター)。情報漏洩するリスクを著しく低減できます。そのうえ2段階のアクセス認証とSSL暗号化など、高度なセキュリティによって外部からの侵入もシャットアウト。安心して大切な情報を保管できるでしょう。

高いコンビニエント性

コンビニエント、つまり利便性の高さもマイナクラウドの強みのひとつ。

マイナンバーの収集や管理は、会社・事業の規模が大きくなればなるほど煩雑化し、担当社員の業務を圧迫します。しかし、マイナクラウドは、スマホからマイナンバー情報を簡単に入力。作業のときと場所を選びません。

そのうえ、本人確認画像もスマホで撮影してそのままアップロードできるので、手間いらず。番号を正しく入力、また、その番号が持ち主のものであることを確認する作業をスムースにすることが可能となります。

高いエコノミー性

コスト面も月額1,000円からと、マイナクラウドは経済性が高くて安心。これは、セキュリティサービスとサーバーサービスを別々の会社ではなく、専門のひとつの運営会社がサービスを提供していることで実現しています。1つの運営会社がすべてを手がけることで可能な限りコストカットし、それを価格に反映しているのです。

現役社員だけでなく、退職者の管理も月額10円(プラン60から)からとリーズナブル。そのため、中小零細企業から大企業まで、事業規模を選ばずに導入しやすいサービスとなっています。

担当者必見!失敗しない労務手続きシステムの選び方とおすすめガイド

主要機能

  • セキュリティ:二段階認証、ワンタイムパスワード、トークン対応、暗号化(AES暗号アルゴリズム)
  • 収集:スマートフォン対応
  • 利用:士業アカウント発行(無制限で追加可能)
  • 破棄:完全物理削除、破棄記録、通知機能
  • 履歴書管理:詳細な履歴書保管と検索抽出が可能

料金プラン

  • 初期費用:無料
  • 【お試し】無料:30日間
  • 【プラン10】月額1,000円:最大10人まで管理可能。扶養者は含まず
  • 【プラン30】月額2,400円:最大30人まで管理可能。扶養者は含まず
  • 【プラン60】月額4,800円:最大60人まで管理可能。扶養者は含まず
  • 【プラン100】月額8,000円:最大100人まで管理可能。扶養者は含まず

※プラン100以降は、管理人数が100人増えるごとに+8,000円

販売元

  • 株式会社ビットスクリプト