労務管理システム比較ガイドマイナンバー管理システム比較huubHR

huubHR

ここでは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが手掛ける、huubHRの機能や特徴、実績、費用目安などについて、紹介していきます。

マイナンバーシステム比較

システム名 一括収集 削除証明書発行 外部システム連携 利用月額
(50人相当)
マイナンバー
ステーション

公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン API・CSV
連携
3,000円
マイナンバー管理Crew
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 3,360円
huubHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 不明 4,500円
MFクラウド
マイナンバー

公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 4,900円
マイナンバー管理freee
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 10,080円

huubHR、その機能や特徴、導入費用などはいかに?

huubHRは「ヒューブエイチアール」と読み、 Human ResourcesのHUBが命名の由来とのこと。

開発・提供元である株式会社ヒューマンテクノロジーズは、生体認証とインターネットを用いたアプリケーションサービスや指紋認証デバイスなどの開発、販売を手掛けており、そんな同社がリリースしたのが、このhuubHRなのです。マイナンバー管理ツールと人事管理システムが、クラウド上で簡単に利用できるシステムであるとしています。

人事データのトータル管理

huubHRは簡単に言えば、これまで紙の書類やExcelデータなどで記録していた人事データを、クラウド上で簡単に管理できるようにしたもの。その機能にプラスして、マイナンバー管理もできるように機能を追加したという趣になります。

従業員情報の簡単な収集・取り出し

用意されているひな形のフォーマットに沿って従業員の人事情報を入力して保存しておけば、その情報を様々な項目ごとにソートして読み出すといったことが可能。例えば保有している資格や年齢などで該当する従業員をリストアップするといった具合です。

マイナンバーの収集・管理においては、マイナンバーの数字だけでなく、本人確認書類の画像も合わせてアップロード可能となっています。

主要機能

  •  データベースの二重化
  • データのバックアップ
  • SSL暗号通信
  • 脆弱性診断

料金プラン

料金は、登録者5名までは無料で利用できるという特典が用意されています。6名以上の場合は登録者一人につき月額100円で利用可能とのこと。

実績面としては、huubHRの500アカウント突破が訴求されており、また勤怠管理システム「KING OF TIME」は7,300社以上に導入されていると訴求されています。

販売元

  • 株式会社ヒューマンテクノロジーズ