労務管理システム比較ガイドマイナンバー管理システム比較マイナンバー管理freee

マイナンバー管理freee

ここではfreee 株式会社が手掛ける、マイナンバー管理freeeの機能や特徴、実績、費用目安などについて、紹介していきます。

マイナンバーシステム比較

システム名 一括収集 削除証明書発行 外部システム連携 利用月額
(50人相当)
マイナンバー
ステーション

公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン API・CSV
連携
3,000円
マイナンバー管理Crew
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 3,360円
huubHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 不明 4,500円
MFクラウド
マイナンバー

公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 4,900円
マイナンバー管理freee
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン CSV連携 10,080円

マイナンバー管理freee、その機能や特徴はいかに?

システムを手掛けるfreee 株式会社は、スモールビジネスに携わる方が、「難しいこと・面倒なこと・大変なこと」にとらわれ、本当にやりたいことに集中できない現実を回避するためのプラットフォームを提供することをモットーとして掲げています。

いわゆる中小企業やベンチャー企業向けに、経理・財務や給与計算などをクラウド上で簡単便利に行える「freee」シリーズをラインアップしており、そのマイナンバー管理版が、こちらという訳です。

クラウドで管理を完結

このシステムは、マイナンバーの収集から保管、利用、破棄までをすべてクラウド上で完結できるシステムであるとしています。

マイナンバーの収集方法は、従業員や取引先にリクエストメールを送信し、番号を入力してもらえばOKです。利用目的の明示などもパソコンやスマホなどから簡単に行えるようになっています。

信頼されるセキュリティ

セキュリティに関しては、金融機関にも用いられるレベルを実践しており、通信暗号化やファイアウォールによる隔離を実践。法律で定められた「物理的管理措置」にしっかりと即した安全性が実装されていると訴求されているのです。

保存されたマイナンバーは、基本的には権限が付与された管理者のみが閲覧・利用できる方式。一方で、権限者は保管したマイナンバーのCSV出力や、freee会計ソフトや給与計算ソフトと連動させ、源泉徴収票などの書類に自動反映されます。

主要機能

  • 暗号化保管
  • CSV出力
  • 権限管理機能

料金プラン

料金は無料お試しが利用可能。「給与計算ソフトfreee」および「会計 freee (法人版)」のライトと同時利用の場合、従業員4人までで月額1,980円。4人目以降は1人につき月額300円が追加。「会計 freee (法人版)」のビジネスとの同時利用は、従業員4人までで月額3,980円。4人目以降はこれも1人につき月額300円が追加となっています。

販売元

  • freee株式会社