HOMEよくわかるe-Gov 電子申請活用のポイント申請の方法と使い方

申請の方法と使い方

e-Gov 電子申請の「一括申請」とはどんなもの?

ここでは、e-Gov 電子申請の特色であり大きな利点のある「一括申請」や「APIを利用した申請」について解説していきます。

これまではe-Gov 電子申請を行う際、ブラウザ画面を通じて、1件ずつ申請書を入力し、1件ずつ到達確認をする必要がありました。件数が少ない場合ならともかく、大量の申請届出を行う場合などは、時間や手間がかかってしまっていたのです。

しかし、平成22年度6月より、申請データ作成をサポートするソフトウェアを利用した一括申請を行うことができるようになり、大量の申請届出もスムーズに行うことが可能になっています。

一括送信でスムーズに申請できる

例えば、健康保険や厚生年金保険、雇用保険や育児休業給付金などに関する諸手続きを行う場合、申請者はe-Gov 電子申請に対応したソフトを利用して、申請データを作成。必要に応じて電子署名も行います。その上で、一括申請システムを利用すると、全データが圧縮されたZIP形式で一括送信。e-Gov電子申請システム側では内容をチェック処理し、完了をメールにて申請者に通知します。また各申請の状況も専用画面で確認できます。

ただし、この一括申請も平成30年末を目処に新規利用申込みが停止される予定となっています。その理由は、「一括申請」の発展版と言える「APIを利用した申請」にシフトしていくためとしています。

APIとは

APIとはApplication Programming Interfaceの略。情報システムが提供するデータや機能を外部のソフトウェアから呼び出して利用するための規約のことです。

このAPI規約に準拠したソフトウェアであれば、申請データの作成から、申請、公文書取得までの全ての機能をソフトウェア上から行えるようになり、e-Gov電子申請のWebサイト上からの操作は不要となります。

つまり、操作方法や進捗管理が簡便に行えるようになり、一括申請よりもさらに効率的な申請・届出業務が行えるようになるという訳です。

大量申請はAPI利用がお得

以上を総合すると、大量の申請を行う必要があればあるほど、一番利用すべきは「APIを利用した申請」ということになります。

「一括申請」も以前の電子申請に比べれば格段に便利ですが、前述した通り平成30年末で新規受付は終了予定です。これからe-Gov 電子申請を行うのであれば、初めから「APIを利用した申請」をチョイスするのが賢明と言えるでしょう。