労務管理システム比較ガイドよくわかるe-Gov 電子申請活用のポイントe-Gov(イーガブ)のメリット・デメリット

e-Gov(イーガブ)のメリット・デメリット

比べる女性

本ページでは、e-Gov電子申請活用について、どんなメリットがあるのか、逆にデメリットは何かという点について解説していきます。

e-Govとは?

そもそも「e-Gov」とは何なのか、という疑問から解決していきましょう。

e-Gov(イーガブ)とは、「電子政府の総合窓口」という説明がされていますが、より簡単に言えば、何か公の手続きをする際に、わざわざ役所に出向かなくても、インターネット上で24時間365日行うことができるというものです。

例えば、確定申告をインターネット上で行えるe-taxは、お馴染みになりつつあります。また会社を設立する際の法務省への登記なども、電子申請が普及しつつあります。さらには本サイトで取り上げている各種の管理や申請業務なども然り。その対応範囲は、どんどん拡大してきています。

e-Govのメリット

24時間いつでも申請できる

従来の方法では申請書や届出書を直接窓口に持ち込んで手続きしなければなりませんが、窓口はいつでも開いているわけではありません。

業務時間は窓口によって異なりますが、役所なので平日の朝~夕方までしか開いていないところが多く、時間に縛られてしまうところが難点です。

その点、e-Govはオンラインで手続きできるので、24時間365日いつでも申請OK。

夜間や休日でも利用できるので、都合のいいタイミングで手続きすることができます。

好きなところから手続きできる

e-Govは動産環境を満たしたパソコンとインターネット環境があれば自宅や職場などどこからでも申請することができます。

わざわざ役所の窓口まで足を運ぶ必要がないので、手間と時間を大幅に省くことができます。

特に近場に役所がない場合、公共交通機関などを利用しなければならないので、そのぶんのコスト節約にもつながります。

一度で手続きを完結できる

紙の書類の場合、申請や届出を行う窓口がそれぞれ異なるため、場合によっては複数の行政機関を回らなければなりません。

e-Govなら自宅や職場のパソコンで手続きできるので、あちこち歩き回る必要はなし。

「申請届出パック」を利用すれば、複数の申請・届出手続の重複入力を省くことができるので、さらに効率よく手続きすることができます。

手数料等を電子納付できる

行政手続きの申請や届出には手数料等を支払う必要がありますが、窓口では現金払いのみで、他の選択肢はありませんでした。

一方、e-Govはインターネットバンキングのほか、モバイルバンキングやペイジー対応ATMなどでの支払いに対応。

さまざまな方法で払えるので、ニーズや使い勝手に合わせて選ぶことができます。

e-Govのデメリット

利用環境を整える必要がある

e-Govを利用するにはWindows7、8.1、10のいずれかの日本語OSをインストールしたパソコンを用意しなければなりません。

また、Javaプログラムが動作する環境を整えておいたり、ポップアップブロックを解除する作業を行ったりと、さまざまな下準備を行う必要があります。

電子証明書の取得が必要

e-Govで電子申請する場合、電子署名が必要となることがあるため、あらかじめ電子証明書を取得しておかなければなりません。

電子証明書の取得は認証局で手続きしなければならない上、一定の手数料等を支払うことになります。

ただ、これらのデメリットは一度環境を整えれば払拭できるので、e-Govのさまざまなメリットを考えると導入したほうが得策と言えるでしょう。

効率化・時短化に期待できるシステム

e-Gov電子申請も当初は1件ずつ入力し到着確認を行うという手間がありましたが、申請データ作成をサポートするソフトウェアを利用した「一括申請」が可能になり、さらにはその発展版である「APIを利用した申請」への移行が始まっています。

別々のソフトウェアに格納されているデータを簡単に連携させることができ、加えてweb上での操作が不要で、システムから直接申請を行えるなど、煩雑で膨大な業務の効率化・時短化が期待できます。

e-Gov電子申請をこれから利用するならば、最初から「APIを利用した申請」に対応しているソフトウェアを利用するのが賢明です。

システム名 e-Gov対応 データの
自動入力
帳票種類 利用月額
(50人相当)
オフィスステーション
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 90種類以上 5,000円
SmartHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 約10種類 19,800円
社労夢 Company Edition Lite
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 約70種類 要問合せ
jinjer労務
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 不明 10,000円
ワーククラウド
公式サイトを見る
バツのアイコン マルのアイコン 不明 50,000円