労務管理システム比較ガイドよくわかるe-Gov 電子申請活用のポイントe-Govを利用した労働保険、雇用保険手続きの方法、メリット、デメリット

e-Govを利用した労働保険、雇用保険手続きの方法、メリット、デメリット

e-gov労働保険、雇用保険手続きの種類、方法

e-Govで電子申請できる労働保険・雇用保険手続きには、次のような申請・届出があります。

従業員が入社したときにかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・雇用保険被保険者資格取得届
  • 提出期限
    ・雇用保険は入社日の翌月10日までに提出のこと
  • 届出の提出先
    ・ハローワーク(公共職業安定所)

雇用保険被保険者資格取得届の内容訂正にかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・雇用保険被保険者資格 取得喪失等届 訂正取消届
  • 提出期限
    ・訂正のつど、すみやかに
  • 届出の提出先
    ・ハローワーク(公共職業安定所)

従業員が退社したときにかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・雇用保険被保険者資格喪失届・雇用保険被保険者離職証明書の2つをまとめて申請できる
  • 提出期限
    ・雇用保険の被保険者ではなくなった日の翌日から起算して10日以内
  • 届出の提出先
    ・ハローワーク(公共職業安定所)

育児休業にかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
  • 提出期限
    ・育児休業をはじめた日の翌日から起算して10日以内
  • 届出の提出先
    ・ハローワーク(公共職業安定所)

労働保険年度更新にかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・労働保険年度更新申告
  • 提出期限
    ・6月1日~7月10日の間
  • 届出の提出先
    ・各都道府県の労働局など

労働保険保険関係成立にかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・労働保険保険関係成立届、および労働保険概算保険料申告の2つを一括申請可能
  • 提出期限
    ・労働保険保険関係成立届は保険関係成立日から10日以内に、労働保険概算保険料申告は保険関係成立日から50日以内に申告のこと
  • 届出の提出先
    ・労働基準監督署、またはハローワーク(公共職業安定所)など

労災が起きたときにかんする手続き

  • 電子申請可能な手続き
    ・療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)・休業補償給付支給請求書・休業特別支給金支給申請書(様式第8号)・労働者死傷病報告(様式第23号)
  • 提出期限
    ・療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)と労働者死傷病報告(様式第23号)は速やかに、業補償給付支給請求書・休業特別支給金支給申請書(様式第8号)は休業した日の翌日から2年以内
  • 届出の提出先
    ・療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)は労災指定病院等を経由したうえで所轄労働基準監督署、休業補償給付支給請求書・休業特別支給金支給申請書(様式第8号)・労働者死傷病報告(様式第23号)は労働基準監督署
システム名 e-Gov対応 データの
自動入力
帳票種類 利用月額
(50人相当)
オフィスステーション
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 90種類以上 5,000円
SmartHR
公式サイトを見る
マルのアイコン バツのアイコン 約10種類 19,800円
社労夢 Company Edition Lite
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 約70種類 要問合せ
jinjer労務
公式サイトを見る
マルのアイコン マルのアイコン 不明 10,000円
ワーククラウド
公式サイトを見る
バツのアイコン マルのアイコン 不明 50,000円