労務管理システム比較ガイドよくわかるe-Gov 電子申請活用のポイント

よくわかるe-Gov 電子申請活用のポイント

e-Gov 電子申請は、どのように活用すればいいの?

e-Gov
画像引用元:e-Gov 電子政府の総合窓口公式HP
http://www.e-gov.go.jp/

昨今のメディア、とりわけネット媒体などで盛んに報じられているペーパーレス化や電子化といったものは、様々な分野で現実化しています。何を隠そう、e-Gov 電子申請は、その筆頭と言ってしまってよいでしょう。

しかし、その一方で、活用する方法やもたらされる利点といったものを理解できていないという方も、多く見受けられます。

e-Gov 電子申請を上手に活用するポイントやもたらされる利点などについて、詳しく掘り下げて解説していきますので、ぜひ知識を深めてください。

メリット・デメリット

e-Govとは簡単に言えば、何か公の手続きをする際に、わざわざ役所に出向かなくても、インターネット上で24時間365日行うことができるというもの。面倒な手続きなども、オンライン上で完結できます。

一方で、必要な機器やソフトを揃える必要や操作手順を理解する必要がありますが、業務の効率化を考えれば、手間を差し引いても大きなメリットがもたらされると言ってよいでしょう。

e-Govのメリット・デメリットについて、詳しくはこちら

準備と利用の流れ

e-Gov電子申請システムを利用するには、事前に必要な機器を揃え、所定の設定を行う必要があります。

例えばパソコンはWindows 7、Windows 8.1、Windows 10のいずれか、InternetExplorer11.0のブラウザでJava最新版が必要となり、さらには事前に電子証明書を取得しておく必要があります。

e-Govの準備と利用の流れについて、詳しくはこちら

申請の方法と使い方

以前はe-Gov 電子申請を行う場合、案件を一件ずつ入力し送付するという作業を繰り返す必要があり、下手をすると紙の書類よりも手間がかかるという側面もありました。

しかし、現在は「一括申請」やその進化版と言える「APIを利用した申請」が可能になっており、そうしたソフトを利用することで、大量の申請もスムーズで効率的に行えるようになっています。

e-Govの申請の方法と使い方について、詳しくはこちら

マイナンバー管理と電子申請

既にご存知の通り、マイナンバー制度を導入されたことで、雇用保険や社会保険に関する書類にも、記載が必要となりました。

そこで注目されているのが、電子申請への切り替えです。紙の書類での社外持ち出しや、書留郵便を使わなければならないコスト、万一の盗難や紛失といった問題やリスクを解消する方法として、電子申請は有効なのです。

e-Govのマイナンバー管理と電子申請について、詳しくはこちら

e-Govでできることまとめ

e-Govを利用すれば、複数の窓口に申請・届出をしなければならない行政手続きを一括で完了させることができます。

e-Govに対応している申請・届出手続に関しては、あらかじめパッケージングされた「申請届出パック(グループパック)」を利用するのがおすすめ。

氏名や法人・団体の名称、部門の名称など複数の手続きで重複する基本情報は一度入力すればすべての手続きに反映されるので、二度手間を防ぐことができます。

複数名で連名して申請・届出を行う「連名申請」にも対応していますので、必要に応じて活用するとよいでしょう。

e-Govから申請・届出を行った手続きについてはいつでもe-Govの電子申請システムから状況紹介を行うことができます。

任意のIDやパスワードを活用すれば、事務処理状況や公文書等の有無を簡単に確認できるのもメリットのひとつでしょう。

e-Govの利用には動作確認環境を満たしたパソコンやJavaの準備、電子証明書の取得などいくつかの下準備をする必要がありますが、一度環境を整えてしまえば次回以降はスムーズに利用OK。

手描きで書類を作成し、窓口まで申請しに行く手間を考えれば時間も労力も大幅にカットできますのでメリットは大きいと言えるでしょう。

現代はマイナンバー制度の導入により、行政手続きにマイナンバーの記載が必要となりましたが、情報の流入などの問題が懸念されています。

e-Govなら社外への持ち出しや書留郵送による紛失・盗難のリスクが少ないため、ただ便利というだけでなく、安全に申請・届出を行う方法としてもおすすめです。