HOME勤怠管理システム比較5選

勤怠管理システム比較5選

本カテゴリーでは、従業員の勤怠管理を行えるシステム5製品について、それぞれの機能・特徴や使いやすさ、費用などで比較検証していきたいと思います。

勤怠管理システム5製品を、一覧比較

勤怠情報の集計や打刻設定、休暇・残業の申請・承認などを効率化する、主な勤怠管理システムを5製品ピックアップ。どんな打刻種類に対応しているか、CSVでデータを出力・加工して給与計算システムと連携できるかといった点と、月額費用を調査してまとめました。

システム名 打刻種類 給与計算システムとの連携 利用月額
(50人相当)
ジョブカン勤怠管理
公式サイトを見る
スマートフォン、タブレット、PC、ICカード、指静脈 API・CSV
連携
10,000円~
KING OF TIME
公式サイトを見る
スマートフォン、タブレット、PC、ICカード、指静脈、指紋 API・CSV
連携
15,000円
勤之助ver.2
公式サイトを見る
PC、携帯電話、ICカード CSV形式 15,000円
※初期設定費用は別途必要
スマレジ・
タイムカード

公式サイトを見る
スマートフォン、タブレット 不明 4,000円
※一店舗ごと
CLOUZA(クラウザ)
公式サイトを見る
スマートフォン、タブレット、ICカード、パソコン CSV形式 10,000円

本サイトがピックアップした勤怠管理システム5製品のうち、打刻種類では「KING OF TIME」という結果になりました。給与計算システムとの連携もでき、使い勝手のよいシステムと言えるでしょう。「ジョブカン勤怠管理」は、機能の種類やカスタムの有無によって、料金が異なるプランになっています。それぞれの機能特徴を詳しくチェックしましょう。

勤怠管理システムを詳しくチェック

ジョブカン勤怠管理

労務管理システム・ジョブカン勤怠管理
引用元:ジョブカン勤怠管理
(http://jobcan.ne.jp/)

実装する機能を個々のニーズに応じて選択できるため、業種や雇用形態、従業員数などに応じて最適なプランを選べるというメリットあり。飲食店や医療、サービス業系などの職場でニーズの高い、従業員のシフト管理にも対応できます。

システムのポイント

  • ICカード、指静脈、PC/タブレットによる多彩な打刻方法
  • 勤務状況をリアルタイムで管理
  • CSVファイル型式で給与計算ソフトへインポート可能

公式サイトを見る

KING OF TIME

勤怠管理システム・KING OF TIME
引用元:KING OF TIME
(http://www.kingtime.jp/)

実績7,300社以上(2017年3月時点)。様々な打刻種類に対応できることに加えて、職種や個人別に勤怠状況と人件費単価を参照する機能もあり、人件費予算の配分をリアルタイムで管理・修正することができます。

システムのポイント

  • 既存PCを活用した導入対応
  • 複数店舗や海外店舗のリアルタイム管理対応
  • 人件費単価の確認可能

公式サイトを見る

勤之助ver.2

勤怠管理システム・勤之助ver.2
引用元:勤之助ver.2
(http://www.yorozuya-ikka.info/kinnosuke/)

勤怠時間数の自動集計機能やシストスケジュール管理、休暇申請や残業などの申請と承認も可能。CSVファイル型式で給与計算ソフトへインポート可能。大手メーカーや商社、サービスのほか、大学にも導入実績があります。

システムのポイント

  • PC、携帯電話、ICカードの基本打刻完備
  • 勤怠時間数の自動集計機能やシストスケジュール管理
  • CSVファイル型式で給与計算ソフトへインポート可能

公式サイトを見る

スマレジ・タイムカード

勤怠管理システム・スマレジ・タイムカード
引用元:スマレジ・タイムカード
(https://timecard.smaregi.jp/)

株式会社スマレジが手掛けるシステム。飲食店やサービス業の店舗などで使用するのに最適化されたシステムで、一店舗ごとに利用費用が発生するプランになっています。導入実績は30,000店舗。

システムのポイント

  • スマートフォン・タブレットによる打刻可能
  • 時給や日給の給与計算をする機能
  • 不正打刻の防止機能搭載

公式サイトを見る

CLOUZA(クラウザ)

勤怠管理システム・CLOUZA
引用元:CLOUZA(クラウザ)
(https://clouza.jp/)

スマートフォンやタブレット、およびiPadとFeliCa 、ICカードを組み合わせた打刻システムも利用可能となっています。主要各社の給与計算ソフトと、CSVによるデータ連携に対応。会計事務所、翻訳事務所、飲食店、不動産業者などに導入事例があります。

システムのポイント

  • スマートフォン用アプリからいつでも打刻可能
  • 主要各社の給与計算ソフトとのデータ連携が可能
  • CSVファイル型式で給与計算ソフトへインポート可能

公式サイトを見る

まだタイムカード?ペーパーレス勤怠管理システムは低コストで効率的!

タイムカードの継続は非効率な人件費を増加させる

企業にとってコストとなるものは沢山ありますが、その中でも人件費が占める割合は圧倒的に多くなります。

タイムカードの集計は、一見すれば単純で簡単な作業に思えるものです。しかし事実と記載内容とに誤差がないかを一つ一つチェックしていくため、実際の所は非常に煩雑な作業となっています。長い時間がかかるので、貴重な労働力がタイムカードの確認と言う作業に一定期間拘束されてしまう事にもなるのです。

勤怠管理システムはタイムカードでの勤怠管理よりも低コストになる

タイムカードの集計には大幅な時間を取られるのが通常であり、企業の規模によっては1日や2日程度が当たり前のようにかかってしまう事もあります。

そこで、労務管理システムを導入しておくことにより、かけなくても良い所に人手を送り込む必要がなくなるのです。タイムカードの確認作業という煩わしい業務が丸ごとなくなれば、その分の人件費も丸ごとカットできます。

タイムカードの管理を任されていた担当者は、労務管理システムの導入によって空いた時間を他のやるべき業務の遂行へと回す事ができるようになるのです。仕事の効率性がアップするのはもちろんの事、結果的に人件費にかかるコストが減少する可能性もあります。

労務管理システムを導入すると、今までかけていた手間暇が軽減される事になります。楽になる分コストは当然に跳ね上がるだろうと考える人が多いのですが、実際はその反対であることも少なくありません。

タイムカードの集計に使っていた時間を他の業務に回せることとなり、余分な人件費が減少する事によって最終的なコストが削減できる企業が多いのです。 

それだけタイムカードがいかに非効率なものであったかという現実を示しているとも取れるでしょう。

勤怠状況の詳細把握に役立つ!

勤怠管理のペーパーレス化によって生じるメリットはコストの削減だけにとどまりません。

もう一つの大きな利点としては、従業員一人一人の勤怠状況が一目で把握できるようになるところにあります。

タイムカードの表記方法は、何時に出勤して何時に退社したと言う時刻表示がされている事が通常です。外回りなどの外出時にも時刻を打ち込む部署などもありますが、どちらにしてもそれらの時刻の記録を一人分ずつ徹底して管理していくには限界があります。

しかし勤怠管理システムを導入すれば、従業員一人の勤怠状況が一目で分かるようになるのです。それによって労働時間に超過が出そうであればすぐに発見できる事にもなるため、リアルタイムな勤怠状況のチェック体制がある事で労働基準法違反の事前予防にも繋がるのです。

タイムカードの難点を一瞬で解消できる

タイムカードを利用した勤怠管理の場合、どんなに気を付けていてもミスが起こる可能性があります。あるいは不正が起こりやすい状況の要因にもなっているでしょう。

タイムカードはカードを機器に通すだけの簡単なものですが、出退勤ボタンを押し間違える人もいれば、自分の物ではないカードを誤って通してしまう人、タイムカード自体を通し忘れる人などもいます。

その都度修正するのは非常に効率が悪く、またタイムカードを集計する側にとってもミスが一つある毎に余計な手間が増えてしまいます。

さらにタイムカードのもう一つのデメリットは、やろうと思えば容易に不正を働けてしまえる事です。同僚や後輩に頼んで出勤前に自分のタイムカードを押してもらい、自らは遅刻をしてやって来るという従業員もいないとは限らないでしょう。

これは積み重なった結果に給与支払いの面で不当な出費が増えるだけではなく、社内の公平性にも欠けてくると言う不利益にもなります。

ところが勤怠管理システムであれば、これらのマイナス要素を一気に解消させられます。企業と従業員が不正打刻を巡って不毛な争いを繰り広げると言う、これ以上ない程の非効率な状況を避ける事にもなるのです。

情報管理の手間が省けて効率がアップ

勤怠管理システムにはいくつか種類がありますが、確実に不正を防ぐという目的においては指紋認証が最も効果的です。本人でなければシステムに認証されないため、成りすましはほぼ不可能であると考えられます。

勤怠管理業務の効率化の面では、ICカードなどの利用もメリットが多いです。データの集約化により情報管理の手間が格段に省けるため、企業内の効率アップには欠かせないシステムとなるでしょう。

その他にもスマホアプリや会社のパソコンを利用して、個人IDなどを通すことでシステムを使用する方法があります。 コスト面や効率の良さなどを踏まえても、勤怠管理システムはタイムカードよりも圧倒的に企業のメリットとなります。

勤怠管理システムの打刻機の種類ごとのメリット・デメリットを比較

勤怠管理システムと一言で言っても、打刻機にはいくつか種類があります。

もちろんそれぞれの打刻機の使用方法やシステムには違いがあり、知っておくことで自社にはどの打刻機が向いているのかの参考になるでしょう。

ここでは、勤怠管理システムの打刻機の種類ごとのメリット・デメリットの比較をご紹介します。

「Suica」をかざすだけで勤怠管理ができる「ICカードリーダー」

ICカードリーダーとは、ICカードをかざすだけで簡単に勤怠管理が行える打刻機のことをいいます。

従来多くの企業で使用されてきた「タイムカードシステム」と似ており、混同されがちですが明確な違いがあります。

職場に置いてある紙を打刻機に通すのがタイムカードシステムの特徴ですが、ICカードリーダーは紙の代わりにFeliCa規格のSuicaやPASMO、TOICA、またはMIFARE規格のtaspoなどを使用するのが特徴的です。

メリット デメリット

・毎朝、職場でタイムカードを探す必要がない 

・他人のタイムカードと間違える心配がない 

・ペーパーレスでコスト削減 

・紙を見て手動でPCに打ち込む労力がなくなり、給与計算がしやすい

・初期費用が比較的安い

・打刻漏れ(認識されていない)などに気が付けない場合がある

・ICカードに記録されている情報が他人に

 

購入をおすすめする職場 購入をおすすめしない職場

・会社の規模が大きく、人数が多いため給与計算が大変な職場

・交通網が発達している地域(都心部)にある職場

・会社の規模が小さく、人数の少ない職場

・ICカードを持ち歩く習慣のない地域(自動車での通勤が多いなど)

端末があれば出張先からも打刻できる「インターネットタイムレコーダー」

こちらは、パソコンやタブレット、スマホなどを用いたIDやパスワードの入力によって勤怠管理が行える打刻機になります。

クラウド型のサービスも増加しているため、端末さえ持っていれば非常に低いコストでシステムを利用することが可能です。

最近では、アプリをインストールするだけで打刻機として機能するものもあります。

社外からでも打刻が可能なため、出張先からでも打刻申請が行えます。

メリット デメリット

・低コストで運用を開始できる

・本人の携帯やタブレットを使用して打刻することができる

・勤怠管理や給与計算を行う際の人件費が削減できる

・場所を選ばずに打刻できる

・他人による不正打刻のリスクが低い

・IDやパスワードを盗まれた場合、不正アクセスの可能性がある

・インターネットタイムレコーダー専用のパソコンが必要

・打刻忘れを起こしやすい

・GPS機能がない場合、社員が不正打刻を行う可能性が高くなる

 

購入をおすすめする職場 購入をおすすめしない職場

・少人数の職場や出張が多い職場(GPS機能などを用いて使用するのがおすすめ)

・会社用の携帯を貸与している職場

・常駐している社員が大半という職場

・社内での携帯使用が禁止されているなどの規則がある職場

セキュリティ対策抜群!「指紋認証リーダー」

指紋認証リーダーは、文字通り指紋を認証することで勤怠管理を行う打刻機のことを指します。主に、静動脈により本人特定が行われます。

従来のタイムカードとしての機能だけでなく、本人確認までも同時に行えるという意味では、セキュリティ対策にもなると考えられます。

精度の高い打刻機であれば問題ありませんが、水や傷などにより指紋の形状が変化することで認識できないケースもあるようです。

メリット デメリット

・他人による不正打刻を防ぐことができる

・本人確認が行える

・長期的に見ると、コスト削減になる

・パスワードを管理する必要がなくなる

・導入にかかるコストがやや高め

・打刻に時間がかかるため、職場の人数によっては複数台必要

・指紋の形状によっては認識しづらくなることがある

 

購入をおすすめする職場 購入をおすすめしない職場

・不正打刻を徹底的に防止したいと考えている職場

・外部からの来客が多く、セキュリティ対策への高い意識を持つ職場

・個人情報を大量に取り扱っている職場

・飲食店や工場など、業務により指紋の形状が変わってしまう職場

・人数が多すぎる職場

・導入コストをあまりかけたくない職場